授乳しながら姿勢改善

こんにちは!篠田です。

産後の体型を戻すには姿勢の改善がとても大切です。

産後は筋力が落ちていることに加え、特に育児では姿勢が崩れがちです。

 

例えば、授乳の時どんな姿勢ですか?

猫背になっていませんか?

イスに浅く座って、背もたれにもたれかかっていませんか?

授乳クッションは使っていますか?

 

当てはまった方は以下のように気を付けて下さいね。

イスに浅く座って背もたれにもたれかかってしまっている方は、まず仙骨(骨盤のお尻側の真ん中の逆三角形の骨)をイスに対して垂直になるように座って下さい。

仙骨を立てるように座る



骨盤が起き上がると、それだけで背筋がのびますよね。

そして、ママの背中が丸まってしまわないように赤ちゃんを授乳クッションに乗せてあげて下さい。

授乳クッションさえ使っていれば大丈夫!ではありません。

ポイントは赤ちゃんをママの胸の位置まで近づけてあげることです。

授乳クッション一つで足りなければ、クッションやタオルを追加して高くしてください。ママの背中が曲がらないことが大切です。

赤ちゃんの位置が高くなれば、抱っこする腕もかなり楽になりますよ。

体型が戻らないと悩んでいる方や、腰や背中が痛い方今日からすぐに試してみて下さいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です